スポンサーサイト

2018.04.02 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています



    Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来

    人間として最低なこと

    2007.07.09 Monday

    0
      私は、大人としての価値や責任が一番問われる行為は、「表面上は友好的なのに、影ではたくさんの悪口を言う」ことであり、このタイプの人間は最低だと思う。

      私の会社関係にも、このタイプの最低の人間がいる。

      人間は誰しも完全・完璧ではない。
      ミスもあれば、いたらないこともある。
      大事なのは、お互いに、がんばって働いているという事実であり、その過程の中で生じたトラブルやすれ違いは、お互いに相手の成長と前進を思って、注意をしたり、問題を指摘し、話し合うことである。


      多くの人間は、大人としてのあたりまえのこのルールを守っている。

      ところが、一番問題なのは、表面上は笑顔で、友好的な態度で、なにも不満がないようによそおいながら、陰では、私の悪口を言っていたりする人間である。


      大人として、不満や問題があれば、必ず相手に伝えるべきである。
      それは、仕事を共同しておこなう上で最低限の責任であり、ルールのはずだ。
      もちろん、直接言いにくければ、第三者に間に入ってもらうことは必要な時もある。

      そして、そういった陰口をたたく、悪口をいう人間ほど、自分に甘く他人には厳しいのである。

      他人を批判するなら、自分に対しても同じ基準で自己分析するべきである。
      自分のことは、だらしなくても、約束を破っても、言い訳して自分の中で合理化し、あやまりもしない。それなのに、他人の些細なことは徹底的に批判する。

      他人を攻撃することでしか、自分の存在感を見つけられない。
      自分に甘く、他人には厳しい。
      人から聞いた噂をあたかも信実であるかのように決めつけ、自分の都合のいいように解釈して、自分の主張を正しいとする証拠にしようとする。

      集団の中で、敵をつくり団結する。攻撃対象をつくり、その人を批判することで連帯感をつくる。子どものいじめじゃないんだから、大人の人間関係で、そんな対立と分断を持ち込むのは最低である。

      仕事ができないやつほど、他人の仕事のやり方を批判し、自分の無責任さを棚上げするのである。

      私の職場の場合、その問題の人は、子どもに関わる仕事やボランティアの豊富な経験をもっていると、えらそうに教育論をふいているから笑ってしまう。子どもには仲間づくりの大切さや本音で言えるあたたかい人間関係なんてスローガンを掲げながら、自分の職場では、それに反することをやっている。なんて薄っぺらいんだろう。結局、ごりっぱな肩書きや経歴があっても、中身のない悲しい人間なんだろう。
      その人は、子どもに関わる団体で自治を教えるリーダーまでやっていたという。
      無能な指導者に率いられる集団、部下こそ悲惨なものはない。
      テクニックや要領だけでリーダーシップをとり、自分のもつ責任に対する無責任な行動には、自覚がないのか、目をそらすのかしながら、他人のせいにして、言い訳と、悪口ばかりいって、仲間関係をこわし、ここまできたのだろう。その自己矛盾に気がつかないのだろうか。だが、集団行動で一番とわれるのは人間性であり、いくら「良い子」を演じていても実力者にはすぐみぬかれてしまうのである。また、第一印象は抜群でも、その後の実践と結果のなかで正体が見えてくるものである。


      本人のまえでは笑顔を装い、裏では悪口をいいまくる、自分には甘く他人には厳しい、そんな人間は最低だと思う。

      他人のことを言うなら、あわせて、同じ基準で自分の問題点をみつめないさい!





      STORE-MIX


      Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来

      スポンサーサイト

      2018.04.02 Monday

      0


        Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来
        コメント
        コメントする
        トラックバック
        この記事のトラックバックURL